平泉の山あいに佇む温泉宿として

新着情報

しづか亭のおもてなし

約千年前、平泉で栄華を築いた「奥州藤原氏」が願ったのは、戦いのない平和で心穏やかな世界。 その想いを受け継ぎ、山あいにたたずむ宿・しづか亭では、日常の忙しさから離れ、心ゆたかに過ごせるよう、おもてなしをいたします。

平泉のこと・温泉のこと・宿のとんがり自家菜園のこと

おもてなしの心

四季折々の彩りを大切に思う心

お客様の空間を大切に思う心

そば庵しづか亭

しづか亭の看板は「手打ちそば」。地元産のそば粉を湧水で練り、打ちたて茹でたてをご提供します。さらに、自家菜園でもそばを育て「手打ちそば」以外でも、新芽をおひたしにしたり、美しい花を見ていただいたり。一粒万倍のそばの魅力を感じてください。

秋、可憐に咲く赤そばの花

そば庵としてのこだわり

毎日打ちたてのそばをご用意致します

「そば打ち」体験付きの宿泊プランもご用意しています。

しづか亭の菜園「たゆたう」

そばをはじめ、野菜、果物、花など、年間80種以上を育てている自家菜園。季節を彩る花は、見る人の心を豊かに、そして、大地の力をその実にしっかりと宿した食材は、食べる人を体の芯から健やかにしてくれます。

春ころから次々と花が咲き出します。初夏になると菜園はハーブ園に

菜園はしづか亭の宝です

菜園「たゆたう」の様子

大切に育てられる野菜たち

地下500mからの天然温泉

地下500mから湧き出る温泉を、たっぷりとかけ流し。里山にある当宿は、露天風呂にふらりとホタルが舞い込んでくることも。夕焼け空、星空、舞い降りる雪。変わりゆく空を眺めながら、ゆっくり浸かるのは何よりも贅沢な時間です。

内風呂と露天風呂どちらも天然温泉です

温泉成分は炭酸イオンやラドンを多く含む美肌の湯

アルカリ性のやわらかいお湯はまるで化粧水のようです

平泉の観光

約千年前に奥州藤原氏が、心穏やかな世界「浄土(じょうど)」を表現したのが、中尊寺、毛越寺などの寺院、庭園、遺跡です。
あでやかな桜、爽やかな新緑、色あふれる秋、静かな雪白。
季節ごとに風情があり、西行法師や源義経、松尾芭蕉、伊達正宗なども魅了した平泉。歴史に想いをはせながら、浄土の世界を感じてください。

秋の中尊寺経蔵(経堂)

世界遺産から浄土思想を感じる旅を

初夏の毛越寺

中尊寺参道「月見坂」

アクセス