ていねいな暮らし

しづか亭のていねいな暮らし

「寧静な時間を」しづか亭の願い②(全12回)

【寧静】 安らかで静かなこと。平穏無事なこと。


しづか亭が常日頃から願っているのは、訪れるお客様が心穏やかであること。


そして、笑顔になれること。不安な日々が、幸せな時間へと変わりますように。



しづか亭の魅力を発信するために


「コンセプトブック」づくり

上記の写真は、しづか亭オリジナルの「コンセプトブック」の1ページ目です。

里山の小さな宿が作った「コンセプトブック」への想いなどを、

全12回の連載でお届けします。




[ いわて ]


「岩手」と聞いて、どんなイメージがありますか?


わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺。

前沢牛、サンマ、鮭。

食べ物、いろいろありますね。

産地で採れたてを味わう。

この上ない贅沢です。

でも、味だけで岩手を「わかったつもり」になるのは

もったいないですね。

岩手で感じて欲しいのは「開放感」。

ぐーっと広げた両手の先だけでは

足りないくらい広がる、空。

「あー、生きているんだなぁ」

という充足感が、手足の先まで満ちていきます。


大げさではなく、気取らず、自然に。



人も大地も、優しく迎えてくれるのが岩手の良さです。



(➂につづく)

「TOP」に戻る。